Care Dynamics

新しいテクノロジーで、
介護業界にダイナミック変革を。

Care Dynamics

介護ロボット事業

「人」と「ロボット」の力を合わせて、最高の介護
サービスを実現する。

ケア・ダイナミクスは、人とロボットが協調することによる最高の介護サービスクオリティの実現を目指して、介護施設へのロボット販売、導入運用支援を行っています。

様々な実証データに基づいて、最適なロボットの導入方法を導き出す。

ケア・ダイナミクスは、実際の介護現場において介護ロボットを利用することで得てきた、様々な実証データに基づいて導入コンサルティングを行います。介護ロボットは、介護施設の特性、介護者や利用者の傾向ごとに、最大限に活用するための方法が異なります。
ケア・ダイナミクスではこれらを標準化し、介護ロボットの最適な導入運用マニュアルを策定しました。CYBERDYNE株式会社の提供する ロボットスーツHAL ®の販売取次業務をおこなっており、様々なニーズにあった介護ロボットの取り扱いラインナップをそろえる事と、 適正な導入サポートをする事で、すべての介護事業者が介護ロボットの導入に成功し、継続的に介護ロボットを運用していけるように、ケア・ダイナミクスがお手伝いをいたします。

写真:介護ロボット事業1 写真:介護ロボット事業2 写真:介護ロボット事業3 写真:介護ロボット事業4s
PRESENTED BY CYBERDYNE

介護ICT事業

ICTで、介護現場の課題をひとつづつ解決していく。

ケア・ダイナミクスとネクスの介護ロボットは、高齢者の見守り、音声・画像コミュニケーション、ロボットの遠隔操作など、様々な通信・コミュニケーション 技術を実現します。これらの通信技術は、介護現場で、ロボット以外にも活用することができます。不足しがちな介護現場の人手を補うことで、介護従事者は、より品質の高い介護サービスの提供が可能になります。

それぞれの介護事業者に合わせたベストな解決
方法を。

例えば、介護従事者の日常的なオペレーションの動線をセンシングによって遠隔管理すれば、施設全体のリソース把握と動的な再配分が可能です。あるいは、デイケアの送迎車が現在どの場所にいるのかリアルタイムに状況を把握することができれば、施設で待機する介護従事者は、利用者のお迎えなど、今、自分が何をするべきか最適な行動をとることができます。ケア・ダイナミクスには、これまでの介護ソリューションビジネスを通じて蓄積してきた経験を元に、介護事業者が真に必要とするソリューションを提供します。

写真:介護ICT事業1 写真:介護ICT事業2 写真:介護ICT事業3

介護事業者向けASPサービス事業

介護事業者の抱える問題を解決する介護ソリュー
ション。

介護事業者向け業務支援システム「Care Online」は、ケアプランの作成、介護サービスの提供、国保連への請求といった 一連の業務に対応するクラウドサービスです。誰でも使える分かりやすい操作性と施設の特徴に合わせたカスタマイズが可能で、施設業務の一連の処理に対応しています。

2006年にASPサービスとして提供を開始し、これまでに全国の介護事業者120 社400 以上の施設にサービスを導入(2014 年12 月現在)して頂いています。

詳細を見る

ケアオンライン見積サイト

お見積もり・デモのご依頼資料請求はこちら

写真:ケアオンライン事業